2024年05月18日

ギザギザの治療は注意 (5/18 ウサギ)

BUNNY GRASSです。








ウサギの臼歯の不正咬合は

食欲不振やその他の症状の原因である

臼歯の過長を

切ったり削ったり整えたりする

ということが

治療のメインです。




文字にするとなんてことないようですが

そこにたくさんの要素が含まれていることからこそ

ウサギの歯の治療は難しいのです。







P1000833.JPG






この場合。

めちゃくちゃにギザギザですね。

これも無麻酔で切ることはできそうですけども

鋭利な部分と鈍な部分が混ざっていますので

これは麻酔下できれいに研磨することにしました。





マニアックポイントとしては

ちらっと上に見えている

切歯も形状がおかしくなっているというのが

ウサギを診る獣医師は

注目しなければいけない点です。




posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: