2024年05月21日

こっちはほんとのよだれがでます (5/21 ウサギ)

BUNNY GRASSです。








ウサギの不正咬合は色々なパターンがあって

出てくる症状も

これが必発

というものもなくて

診断に悩ましいというのがほんとうのところ。





これは食欲は全く落ちなくて

よだれだけが異常に出る

という理由で来院したウサギ。







口の中はこうなっていました。







P1010494.JPG





上の歯の左右とも

大きくて形も変形しています。

この場合は伸びた先がさほど鋭利ではないので

ザクっと切れて食欲不振にはなりにくく、

太いまま伸びて粘膜をずーっと刺激します。

それでよだれがたくさん出てしまうのです。



この歯は太いので無麻酔で切ることは推奨されません。

切れる切れないではなくて

ソフトな治療が今後のためにも

おススメされるのです。








posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: