2020年07月06日

見逃したくないもの (7/6 鳥)

BUNNY GRASSです。









鳥の臨床検査で鳥自身にダメージのない

有用な検査の筆頭が検便です。

便を顕微鏡でのぞくと

いろいろな情報がそこには詰まっています。






さて、この検便は顕微鏡でのぞくばかりが

検査ではありません。

肉眼で観察することも立派な検査の一つです。







こんなのを見つけたら。






P1020344.JPG





つぶつぶばかり。






これは消化されていない便です。

このような便が見られたら食べていたとしても

栄養吸収が全くされていませんので

警戒です。

早めに受診されることをオススメします。

体重減少や嘔吐が混じってくると

かなり重篤なものととらえてもらった方がいいでしょう。



日常の観察を怠らないようにしてください。









posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

大雨降ってます (7/4 日記)

BUNNY GRASSです。






夜間看護中です。

現在外は大雨。

こういう日の一日〜二日後は

体調を崩す動物がとても多い。

とっさの食欲不振はどうしても防げないものもありますから
(完全予防できるものならだれだってやりたい)

重症化する前に受診を検討してください。






ここのところの多い疾患。





ウサギの盲腸鼓張

ウサギの急性胃拡張

インコの卵詰まり

インコ、ブンチョウの副鼻腔炎

デグーの呼吸不全

チンチラの下痢

ハムスターの下痢




これらは飼育書にも載っている

ポピュラーな疾患ですが

あっという間に進行して命を脅かすものばかりです。

早めの対処をお願い致します。







posted by BUNNY GRASS at 01:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

体調変化にご注意を (6/21 日記)

BUNNY GRASSです。








越県移動の解除がされましたね、

当院は引き続き感染予防に取り組んでいきます。







ここのところ夜間看護が途絶えません。

どうしても看ないといけない疾患ばかりです。





特に食べない鳥、食べないウサギ、モルモットなどは




病気が治ったら食べるだろう





ではダメなことも多く、

たべさせることを人の手でやっていかなければいけません。




鳥の場合は流動食を直接そのうに、

ウサギやモルモットではシリンジで口の中に

アシストしてあげるのです。

給餌の量や頻度は病気によってさまざま。





付っきりでやらなくてはいけないケースもあります。














写真だけでも外に出てみる






20200602_085006.jpg




山奥の村。



posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする