2018年08月16日

高温になると・・ (8/16 ウサギ)

BUNNY GRASSです。








この季節はやっぱり多くなるのが皮膚病です。

(食欲不振での来院は年中あります・・・)













P1100935.JPG






ウサギの背中。

脱毛などなく、ふわふわのようですが

これ。









P1100935 - コピー.JPG





ぜーんぶダニです。

吸血性ではないダニです。

ダニの仲間は温度に依存してライフサイクルが変わるものがいます。

なかなかわかりにくいダニですので注意が必要です。












posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

膿のバリエーション (8/1 ウサギ)

BUNNY GRASSです。







悩ましいウサギの膿瘍。

非常に治りにくい疾患の一つです。

治癒しにくい理由の一つに膿の粘稠度が高いことが挙げられます。
(ドロドロ具合がとても固いということ)






図9-1.JPG






もはや流れ出ることをしてくれません。

ぎゅうっと絞り出すように排出しなくてはいけないのです。

薬が効きにくい性質を持っていますから

物理的な排泄が必須となります。









いっぽう、






P1100019.JPG






ときおり水っぽい膿もあります。

これはわりと排膿や消毒、投薬が効果的な印象があります。
(これはあくまで当院の経験論です)

ただ、膿瘍が破裂すると強い痛みと腐敗臭がひどいので

早めの対応が必要なケースが多いです。












posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

ウサギの精巣腫瘍 (7/29 ウサギ)

BUNNY GRASSです。








何度か取り上げている男の子の生殖器疾患。













P1090766.JPG


ウサギの精巣です。

精巣の病気には腫瘍や精巣炎、精巣上体炎、自咬症などがあります。






その中でも精巣腫瘍は比較的よく遭遇します。

まず、知っておきたいのが

子宮の病気に比べて獣医学情報がほとんどないということ。







どのくらい悪いのか?

ほおっておいても大丈夫なのか?

寿命に関わるのか?




これらの大事な情報がはっきりしていないのです。









また、精巣腫瘍は痛みを生じません。

そのため家庭では気付かれにくく、健康診断で見つかることも多い病気です。





どのようにアプローチしていくかは

かかりつけの先生とよーく相談してもらえるといいと思います。







P1090839.JPG





先述の写真は悪性の精巣腫瘍でした。

肉眼的には良性のものと区別がつかないのです。

手術自体は無事に成功していますが

ここから先、転移がないかどうかをモニターしていく必要があります。









posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする