2020年09月19日

犬猫と異なる有名な疾患 (9/19 ウサギ)

BUNNY GRASSです。













動物看護師専門誌にこんな特集が。





P1040545.JPG










子宮蓄膿症





というのは文字通り子宮に膿がたまる病気です。

傷口が膿んでしまった

なんてものとは比較にできないほど重篤なもので

管腔構造たる子宮に貯留してしまう膿はとんでもない量になります。

特集されるくらいですから犬猫ではよーく知られた病気で

どこの動物病院でも迅速な対応がなされると思います。

症状は陰部排膿、嘔吐、下痢、食欲不振、発熱など。

検査には白血球の上昇や低血糖、腎数値の悪化など。

炎症マーカーなんてのも調べることが出来ます。

レントゲンやエコーでは腫れてしまった子宮を描写可能です。






ところがウサギではこの蓄膿症というのは

ほとんどありません。知られているという程度です。

ウサギではそのほとんどがガン。

ガンでなくても血管腫などの腫瘍性病変であることが多いです。

この場合、症状がほとんどありません。

膿んでいない(細菌が増殖していない)からですね。

じつはこれがむしろ怖いポイントです。

元気に過ごしているから・・・

の矢先に急に貧血を起こしたりすることがあります。

いつの間にか転移している

などということも珍しくありません。







posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

見るだけで痒くなります (9/18 ウサギ)

BUNNY GRASSです。









この気候の変化が怖すぎる。

金曜日は30度越え。

土日は雨で24〜25度との予報。





食欲をきっちり見てあげてください。









そして例年、油断できないこの病気が多くなります。











またかよ。




まただよ。





大事なので。





ウサギ疥癬虫体.JPG






外部寄生虫です。

これはヒゼンダニというダニで他には

ツメダニ感染がぐっと増えます。

ウサギにもノミがつくことが珍しくありません。







前述の大事というのはいろんな意味合いがありますが

きっちり予防できる

という点が

他の病気と異なるところです。

できるものはしてあげたいですね。






本当にこの時期増えますので。








posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

突然やってくる食欲不振 (9/13 ウサギ)

BUNNY GRASSです。








この週末にめちゃくちゃ遭遇している

ウサギの急性胃拡張。

今年一番多いのではないかと思わせるくらい集中しています。





端的にまとめます。

発症から治療までのスピードが救命率を上げるポイント。

すなわち自宅で異変に気づいてあげてほしいのです。




症状は突然来ます。

文字通り急性です。




朝まで何ともなかった

さっきまで食べていた

ショップにグルーミングに行って帰ってきたばっかり





起こりえます。原因もわからず突然やってきます。





胃がパンパンに膨らんで血流の障害が起きるため

めちゃくちゃに痛いです。

痛みで動かなくなったり

何とかしようと身体をよじったり

姿勢をやたらと変えたりします。

食欲はゼロ。

排便もゼロ。

進行すると痛みが強すぎて歯ぎしりをします。

歯ぎしりは検索すると臼歯の不正咬合が出てきますが

もう意味合いが全然違います。

さらに進行すると血流の障害が大きくなって

低体温になります。

耳が冷たいというのはこの場合がマズいのです。

この状態は多臓器不全を起こしかけてることも珍しくありません。




治療は痛みと還流障害を改善させること。

すなわち点滴と鎮痛が第一です。




お腹のマッサージは応急処置として著名ですが

急性胃拡張の場合は痛みを増幅させてしまいます。

最悪の場合、パンパンの胃を破裂させてしまうこともあるのです。





初期治療がうまくいけば

あっという間に治ることもあります。

こうなったら最高ですが、そうでないことももちろんあります。

その場合、胃にチューブを入れて

溜まっているガスを抜くという処置が行われます。

治療としてはあっという間に痛みを取り除いてあげられるので

とてもいい方法なのですが

全身麻酔下になるのでリスクは跳ね上がってしまいます。




この疾患だけは夜間は夜通し張り付いて看ていることがほとんどです。





P1040425.JPG









posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする