2020年11月09日

きっちり予防を (11/9 フェレット)

BUNNY GRASSです。











フェレットのフィラリア予防もそろそろ終盤。

きっちりガイドライン通りに予防をしましょう。





ワクチンとかがいまだ専用のものがなく、

予防医療がなかなか発展していかない

小動物の獣医療ですが

できることはやってあげたいですね。





フェレットは





ジステンパー。これが年一回のワクチンです。

かかってしまったら治療法はありません。





フィラリア。これは月一回の投薬で予防。

心臓に寄生する寄生虫です。

フェレットのの心臓はちいこいので

これも症状は甚大です。





ミミダニ。痒いだけではありません。

酷くなると耳血腫や斜頸(フェレットでもあります!)を

引き起こすことがあります。

これは数回の投薬が必要ですが

フィラリアの薬に効果がプラスされたものがありますので

これが使いやすいでしょう。






室内で飼っているから・・・

と予防を敬遠する方がいますが

上記の病気の発症例は全て室内飼いです。

そもそもフェレットの屋外飼育はほぼ例がありません。
















P1260770.JPG




こんな時間をできる限り長くしてあげたいですね。






posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | フェレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

むねのみず (10/15 フェレット)

BUNNY GRASSです。









中齢以降になるとフェレットは

心臓や腫瘍など

胸部に関連する疾患が多くなってきます。






最初.jpg








胸にもお腹にも水が溜まってしまって

パンパンです。

呼吸状態も悪く、危険な状態でした。









P1040059.JPG





血様胸水。すごい量でした。












経過1.jpg






病気と闘って闘って、










経過.jpg






元気になっています!








9歳目前です。






posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | フェレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月05日

ロマンス (10/5 フェレット)

BUNNY GRASSです。









フェレットの丸呑み異物誤飲に注意!








P1040644.JPG







腸閉塞がわりと容易に起こってしまいます。




予防が一番です。





P1040644 - コピー.JPG







posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | フェレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする