2020年01月22日

ついてますよ (1/22 モルモット)

BUNNY GRASSです。












キメ顔のつもりでしょうが





P1250750.JPG










頭に草ついてますよ。




(3秒前はチモシーの山に隠れてた)





posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

この時期注意のデグー (1/21 デグー)

BUNNY GRASSです。









飼育頭数が増えているといわれるデグー。

ネズミ年の影響か、テレビなどで取り上げられることも

多くなってきたように思います。






P1250751.JPG








デグーはウサギと同様に歯が伸びますが

外観からは観察することが出来ません。

専用の道具でのぞき込む必要があります。





また、書籍などには必ず糖尿病のことが記載されています。

たしかに報告の多い糖尿病ですが

実際の診療の現場では圧倒的に低血糖が多いです。

食べない、元気がない、目をつぶっている、

意識がはっきりしないなんて症状も出ます。

特に幼体や高齢個体、基礎疾患がある個体で頻発しますので

温度管理をまずしっかり整備してください。

それだけで予防になることがあります。




P1250753.JPG






このコももう8歳近い年齢です。

が、まだまだ元気いっぱいです。














posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

新しくむかえたらE (1/16 ハリネズミ)

BUNNY GRASSです。









さて次はハリネズミ。

ヨツユビハリネズミともピグミーヘッジホッグとも

呼ばれています。








20191218_202705.jpg








ハリネズミはなんといっても皮膚病に警戒。

ウサギと同様、疥癬と呼ばれるダニが非常に好発します。

けっこうな確率で抱えていることが多いので

あらかじめ駆虫薬を投与するのもオススメです。

今では良い薬剤もありますので

副作用の心配はないと言っても過言ではないでしょう。

ただ、ハリネズミに認可されている薬はありませんので

獣医師と相談して処方してもらうor投与してもらう

方が良いと思います。

ちなみに当院では獣医学論文に基づいて薬剤を選択しています。

過去数百頭に投与していますが副作用の経験はありません。






posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする