2019年09月15日

急患が止まりません (9/15 チンチラ)

BUNNY GRASSです。










20190910_211029.jpg







今週は台風から高温、雷雨とその翌日から急患が続出しています。

きっかけが本当にそれらなのかどうかは

じつはわかりません。

ただ、ストレスを引き金にいろんな病気が発症しています。







ウサギのうっ滞、急性胃拡張

モルモットうっ滞

チンチラ熱中症

セキセイ、ブンチョウのメガバクテリア

オカメインコの肝不全

小型インコの卵詰まり




これらが非常に多くなっています。

特に病原体が関わる感染症は

本人が元気な時は病気も潜んだままで

なにも影響を及ばしませんが

ストレス下ではいっきに発症することがあります。

ウサギのダニ類やセキセイインコのメガバクテリアは

潜在的な保有率も高いのでご注意ください。







posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

急激な気温低下に注意! (9/14 デグー)

BUNNY GRASSです。







急に秋めいてきました。

例年急患数が増える季節です・・・

特に朝晩の冷え込みは注意です。

あまり科学的な根拠はないですが

俗に±5℃の変化があると注意と言われています。
(わたしよりずっとずっと先輩の先生も言っていました)





先日は他院で出張診療でした。




セキセイインコの発情抑制

ヒョウモントカゲモドキの脱皮不全

モルモットの尿道結石・膀胱結石
(これはオペですね)

モルモットの臼歯の不正咬合

ウサギの臼歯の不正咬合

オカメインコの肝不全

セキセイインコの神経疾患

などなど診てきました。


イワシャコなんて鳥も健診にいらっしゃいました。
(けっこう珍しいと思います)




そのまま戻って夜間看護です。

ここのところ多いのがデグー。


糖尿病や不正咬合が有名ですが

そういった病気でなく、

温度管理などの飼養管理の不備から

体調を崩しているのが多いです。

食べないデグーは悪化の進行も早いですから

チェックをしてあげてください。






P1130291.JPG










posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

天候不順の影響か (9/13 チンチラ)

BUNNY GRASSです。








台風15号だけでなく

高温多湿や夜の急な土砂降りや雷などのせいか

体調不良の動物の来院が続いています。









食欲を観察していただいて

異変があれば

すぐ受診を検討してください。

特に同ケージ内の多頭飼いは

発見が遅れがちの傾向があります。

デグーやチンチラ、フェレット、鳥などで注意です。
(ウサギは同ゲージというのがあまりありませんので)







P1230123.JPG





チンチラは特に高温注意です。










P1230124.JPG








posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする