2020年07月31日

人獣共通感染症 (7/31 日記)

BUNNY GRASSです。







先日テレビで動物から人へ感染する病気を特集していました。

私も取材を受けたばかりですので

ちょっと記してみます。







20200730_191104.jpg







テレビではまず猫からのパスツレラ菌感染がありました。

パスツレラ菌はさまざまな動物でみられる菌ですが

エキゾチック分野で著名なのは

ウサギのスナッフルでしょう。

鼻炎や上部気道炎の総称であるスナッフル。

ウサギでは重度だと慢性化し、肺炎を起こすことがあります。

早期に適切な抗菌薬を用いることで治療が可能です。







次にハトから工場に蔓延したオウム病。

特殊な病原体が原因となるオウム病は

オウムだけでなくあらゆる鳥に感染します。

便に排泄される病原体は乾燥に強く、

乾いた便が粒子になっても

感染力を持つという怖いものです。

テレビでは怖さがクローズアップされていましたが

鳥に感染しても治療法はあります。

セキセイインコでもオカメでも

タイハクオウムでも治療はできます。

ここをどうか知ってほしいです。治るのです。






そしてミドリガメのサルモネラ菌。

ミドリガメ以外にだって普通にいます。

ミドリガメに付着していたサルモネラ菌を

飼っていた子供が手に付けてしまい、

それが口から感染してしまったという事例でした。




お気づきでしょうか?

上の写真の新聞記事にも書いてあります。

動物に触れたら手を洗えばいいのです。




「ミドリガメはペットショップに返しました」




さらっといい感じ風にまとめていましたが・・・








当院にはスタッフより年上の20歳越えのミドリガメがたくさん来院します。

それはそれは大切に飼われていますよ。

もうそれだけで感動します。






posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Books、Toys、Goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

監修しました (5/17 本)

BUNNY GRASSです。












先日監修した特集が発刊されました。







20200514_094005.jpg





腎不全を取り上げてもらいました。



ライターの方にも私が伝えたいことを反映して頂いて

かなり良い記事になっていると思います。




ウサギで多発する尿石症がたくさん出ていますが

「腎前性腎不全」という単語を

一般書に載せるのは

大変だったかもしれません。





腎前性腎不全とは循環障害で発生するもので

犬や猫でも起こりますが

ウサギでは本当に多いです。

そして進行がめちゃくちゃ早いです。

ぜひ知ってもらえるといいと思います。







posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Books、Toys、Goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

休刊だと・・ (11/19 日記)

BUNNY GRASSです。











P1240300.JPG








マニアックな皮膚科だけの獣医学雑誌が休刊になりました。

残念・・・

よく32回もできたものです。








お気づきの方も多いと思いますが

動物病院ってヒトの病院と異なり(ヒトの方でもあるにはあるのですが)

全科診療です。

皮膚科も眼科も小児科も整形外科も歯科も泌尿器も消化器もetc.・・・・

ぜーんぶやるのです。

その中で専門医制度が科によっては設定されてきていますが

まだまだ主流は全科診療です。

さらに当院のような形態だと

動物種が多いですから

さらに網羅しなければいけないものが増えるのです。



ウサギの皮膚からチンチラの歯、ハムスターの心臓

セキセイインコの生殖器、ミドリガメの腎臓など




このような動物の獣医学は

大学の獣医学部では習いません。
(6年も通うのに!)

















posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Books、Toys、Goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする