2018年10月17日

鉛中毒の治療 (10/17 鳥)

BUNNY GRASSです。









だいぶ朝晩冷え込んできました。

食欲不振の動物が来院しています。

この鉛中毒の主たる症状も食欲がないというのがほとんどです。






鉛中毒の治療は

通常は内科治療がすみやかに実施されます。

そこにある鉛を手術して取り除くのではなく、

鉛の毒を吸収される前に中和・解毒するといったイメージです。








namatyuu - コピー - コピー - コピー.jpg






取り除きたいところですが・・・・

解毒治療です。








一般に急性期は食べれない上に嘔吐もあるため

口からの薬は効率が良いとは言えず、

入院下での治療が推奨されます。



嘔吐が少なく、体重減少もないくらい

食欲が維持できるようなケースでは

通院でも良好なこともあります。










posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

金属中毒パート5 (10/16 鳥)

BUNNY GRASSです。









続いている鉛中毒。

いよいよ症状です。







鉛が鳥の体内に入って

する悪さというのは多岐にわたりますが

影響がきわめて強く出てしまうのが

血液系

神経系

消化器系

泌尿器系

です。









血液への影響は貧血です。

溶血という現象が起こるのです。

もっとも特徴的な症状は濃い緑の便が出ること。

続くようだと危ないかもしれません。






P1120456.JPG






P1120457.JPG








神経系への障害は

主に消化管の麻痺がおこるために

嘔吐や食欲不振が顕著になります。

それ以外にも翼がうまく動かなかったり

脚が動かないなんてこともあります。






食欲がなく、嘔吐がある場合はすぐ受診した方が良いと思います。

ただ、食欲不振と嘔吐は様々な病気でみられる症状ですから
(これを非特異的症状といいます)

思い込みは要注意です。









posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

続続々・金属中毒 (10/15 鳥)

BUNNY GRASSです。







まだ続いています。

鳥の鉛中毒の原因、その鉛源は多岐にわたりますが

最も多いのが

カーテンウェイトです。

カーテンレールではありません。

カーテンの下の部分にひらひらっとなりすぎないための

おもり役として使用されているのがカーテンウェイトです。




放鳥時にカーテンレールに止まるコはいませんか?

カーテンが好ましいものと認識されてしまいます。




窓ガラスにぶつからないように

カーテンをひいていませんか?

とりあえずは正解ですがそのあとが注意なのです。





その他にもワインの蓋(コルクでない)や

釣りのおもり

(ガン玉、割ビシなんておいしそうにも見えます。
知らない人はお父さんに聞いてください)

ハンダ

などが多いです。





これらの鉛は丸呑みされることはほとんどなくて

ガジガジっと齧るだけでもアウトです。






次回からは症状です。








写真がなかった。


P1010291.JPG












posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする