2017年12月12日

寒さにご用心 (12/12 鳥)

BUNNY GRASSです。





ここのところ鳥たちの緊急来院が続いています。




飼い鳥の仲間はもともとは熱帯性の鳥たちも少なくありませんから




急激な寒暖差にはやはり注意が必要です。




適応力のある鳥さんたちですが注意は払ってあげてください。





P1050674.JPG




珍しいよ〜





「クロクモインコ」です。





アフリカンパロットのグループは診察室ではなかなか頑固なコが多い印象です。




頭が良すぎるとも言えましょうか。嫌なこと覚えてしまうと診せてくれない・・・





仲良くしたいんだけどなあ。








posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

触らずに見る診る (12/4 鳥)

BUNNY GRASSです。






小さな動物は保定をすることだけで余計に身体を苦しめてしまうことがあります。





なのでいきなり触ったりはせずに眺めることで





病気を頭の中でリストアップしているのです。





P1010646.JPG





なんか傾いていますね。







そして、





P1010644.JPG




痛そう・・・・









この触らずに指針という方法は小さい動物ほど有用です。




ただし、情報が不足していれば見ただけでは




何もわからないということになりますので検査を躊躇できません。




小さな動物の病気はあっという間に進行していくからです。




そのために家族が持っている情報を獣医師に伝えてもらわなくてはいけません。




いつからあるのか?食欲は?排便排尿は?持病はあるのか?




情報量は膨大です。




でも、だからこそ迅速な診断、治療に結びつくのです。




posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

オオハナインコの雌雄は? (12/3 鳥)

BUNNY GRASSです。








インコたちの多くはじつは外貌上は雌雄が分からないことが多いのです。






よくみるコザクラインコやボタンインコだって





それらしき行動をしたとしても100%男の子、女の子を見極める方法はないのです。





そこで遺伝子検査の登場となります。






ところが大型インコの中でも外貌で簡単に見分けがつく種類がいました。






何度か出てきていますが再登場!





最近の人気なのかな?良く見かけますよ。





P1050118.JPG






オオハナインコです。






このコは男の子。





まだあどけない姿なので大人とクチバシの色も異なります。






いい鳥です!












posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする