2020年01月18日

コモンセンス? (1/18 鳥)

BUNNY GRASSです。








最近見なくなった種類。




P1250651.JPG








コモンチョウといいます。

英語ではなく

小紋と書いて

コモンチョウ。







図鑑によると

こんな記載。








「飛びぬけた人気はありません」









あえてそれ言いますか。













私は好きです。














P1250651 - コピー.JPG




勝ち誇るブンチョウ(うそ)









posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

新しくむかえたら ラスト (1/17 鳥)

BUNNY GRASSです。









とりあえず一区切りで

最後はオカメインコ。




今ヒナがたくさんいるようです。

来院数もとても多い。




P1250628.JPG





オカメインコはまず検便。

雛〜幼鳥の時は絶対必要です。











AMBA0009.JPG






このメガバクテリアを放置すると

大変なことになります。

早期発見早期治療が鉄則です。










あと、オカメは挿し餌から一人餌への切り替えに

ちょいクセがあるコが少なくありません。

色々な対処法が言われていますが

当院では安全第一。

切り替えは焦らなくて良いとお伝えしています。

焦って痩せてしまったらこの時期は命に関わることがあります。




「食べている様子だったので挿し餌を止めたら弱ってきた」




オカメインコの幼体でめちゃくちゃ多い来院理由です。




P1250629.JPG








posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

新しくむかえたらE (1/16 ハリネズミ)

BUNNY GRASSです。









さて次はハリネズミ。

ヨツユビハリネズミともピグミーヘッジホッグとも

呼ばれています。








20191218_202705.jpg








ハリネズミはなんといっても皮膚病に警戒。

ウサギと同様、疥癬と呼ばれるダニが非常に好発します。

けっこうな確率で抱えていることが多いので

あらかじめ駆虫薬を投与するのもオススメです。

今では良い薬剤もありますので

副作用の心配はないと言っても過言ではないでしょう。

ただ、ハリネズミに認可されている薬はありませんので

獣医師と相談して処方してもらうor投与してもらう

方が良いと思います。

ちなみに当院では獣医学論文に基づいて薬剤を選択しています。

過去数百頭に投与していますが副作用の経験はありません。






posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする