2019年12月09日

来院増加中 (12/9 デグー)

BUNNY GRASSです。








ここのところデグーの来院がとっても増えています。

小さな身体でも病気は様々であり、

症状だけでは病気を特定するのは難しいこともあります。

他の小動物でもこの傾向は同様で、

いわゆる「病気を隠す」というやつですね。

弱ったところを見せてしまったら格好のターゲットになってしまいますので

症状を隠すという本能に基づくものです。






P1240749.JPG








デグーでよく見られる病気は

まず不正咬合。

臼歯の不正咬合はウサギと違って

食欲不振がわかりにくいです。

とりあえずご飯を手に持って食べる仕草を見せるので

食べているのかな・・・?と見間違えやすいのです。

じつは体重が激減している、なんてこともあります。






歯と関連して呼吸器疾患も多いです。

歯の根っこが炎症を起こして

空気の通り道を塞いでしまいます。





腸の病気も少なくありません。

消化管に大量にガスが溜まって食欲が低下します。




じつは飼育本に必ず書いてある

糖尿病は最近では少なくなっています。

糖尿病の症状は他のあらゆる病気でも見られる症状ですから

異変があれば早めの受診をおすすめします。




P1240751.JPG







posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

この歯はどうだ (12/8 ウサギ)

BUNNY GRASSです。











今日はこんな歯。








P1240184.JPG








口を開けたところです。










拡大すると





P1240184 - コピー.JPG













ここです




P1240184 - コピー - コピー - コピー.JPG









右の下顎臼歯がベロに向かってとがっています。

ここがザクッとベロを切ってしまって食欲不振になるのです。

ここを切ったり削ったりするのですが

この形は無麻酔で治療できることも多いです。









治療は



P1240184 - コピー - コピー.JPG




こう切るわけです。









このケースは無麻酔できることもできるけれど

他の部分の手術のために全身麻酔をかけたので

歯をズバッと切るのではなく、

きれいに研磨するという目的で治療したケースです。






歯の治療は色々なケースがあります。







posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

これも難しい歯 (12/7 ウサギ)

BUNNY GRASSです。








週末の予報は相当に冷え込むと出ております。

食欲・元気・排泄はチェックしておきましょう。








今日も難しい歯。

先日の学会でもお話ししたケースです。







P1240182.JPG








のぞくとこう。







あまり伸びている歯はなさそうですが・・・・






ここが大問題。


P1240182 - コピー.JPG












ここ


P1240182 - コピー - コピー.JPG






ベロがざっくりと切れてしまっています。

これでは痛くて食べることが出来ません。

しかし道具でのぞいても伸びている歯がないわけですから
(見つからないから)

無麻酔で歯を切ろうにも切ることが出来ないのです。




このケースではずっとずっと奥に原因となる歯がありました。








posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする