2017年06月20日

最警戒の食欲不振 (6/20 ウサギ)

BUNNY GRASSです。






ここのところウサギの急性胃拡張が続いています。





この病気は急速に症状が進行するために




少しでも早く対応することが必須となります。




P1020580.JPG




ホーランドロップ。






P1020580 - コピー.JPG




これが胃です。こんなに膨れ上がるのです。







P1020581.JPG



ネザーランドドワーフ。




P1020581 - コピー.JPG



ぱんぱんで痛みが強い状態です。






発生率に品種や年齢はほぼ関係がありません。







主たる症状は食欲不振、元気消失、排便の廃絶もしくは減少など。






さあ、この症状どうでしょう?





そう、他の病気でも当たり前に起こりうる症状であるため





紛らわしく、やっかいなのです。




上記の症状を見逃さないようにしてください。



posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

ソアホックの最も怖い状態 (6/19 ウサギ)

BUNNY GRASSです。






有名なウサギのソアホック。





足底皮膚炎というのが正式な病名です。




肉球のないウサギは足裏の皮膚へ持続的な圧が加わると




皮膚炎を起こしてしまいます。





ごく軽度の場合は脱毛。




すすむと発赤。




さらにびらん・潰瘍。




さらにすすむと排膿。膿が出てきます。




さらに放置されると・・・




こうなります。






図5.JPG





上行性感染を起こし、





「骨融解」が起こります。





骨が溶けてしまうのです。





めったにないケースですがこうなると治療は大変です。




しかし、足の裏の脱毛や赤くなるという症状は





ソアホック以外にもあるので注意が必要です。









posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

れおぱ (6/18 ヤモリ)

BUNNY GRASSです。







今日も途切れず夜間看護は続きます。





インコやウサギは常食の動物ゆえ、食欲がないのならば





原因治療だけでなく、とにかく食べさせることが不可欠。






その点このコたちは毎日給餌じゃなくてもいい場合も。






最近診療機会が急上昇の動物です。





P1020548.JPG





ヒョウモントカゲモドキです。






トカゲモドキは陸上性のヤモリのことですね。





超人気爬虫類です。





いろんな品種(いろんな色とか)がいて





珍しさとか値段もピンきり。





でもかわいさは平等です。






P1020549.JPG

かわいい。








私はフツーのやつが好きです。





posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(2) | Reptiles&Amphibians | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする