2018年10月13日

続・金属中毒 (10/13 鳥)

BUNNY GRASSです。







鳥の金属中毒の続きです。




飼い鳥に非常に多く発生する病気なのですが

いったいどこから摂取してしまうのかが分かりにくく、

知らず知らずのうちに病気が進行していくという怖いものです。






namatyuu.jpg







これの








namatyuu - コピー - コピー - コピー.jpg





これですね。








金属の中でも最も多い事例は鉛です。

「なまりちゅうどく」です。

もっとも有名な鉛中毒は

野鳥での散弾銃の弾を摂取したことによるものです。

水鳥が摂取してしまうこともあれば

撃たれたシカなどの哺乳類の肉を食べて

ワシやタカなどの猛禽類が発症してしまうこともあります。

これは海外だけでなく北海道でも発症例があります。




その他に、水族館でもスタッフが潜水時に使用する

ダイバーウェイトをペンギンが摂取してしまい

発症してしまった事例がありました。






野外や水族館のこととなると

特別なことのように聞こえてしまうかもしれませんが

家庭内ではもっと身近なところに危険が潜んでいるのです。




では、いったいどこから鉛を摂取する可能性があるのでしょうか。

「うちには鉛なんて置いてない!」

と思った方も考えてみてくださいね。





続きます!












posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

オカメインコの金属中毒 (10/12 鳥)

BUNNY GRASSです。









今日は目をよーく凝らして見てください。









元気のないオカメインコが来院しました。









レントゲンパシャリ。






namatyuu.jpg







ここです。







namatyuu - コピー.jpg








もういっちょう。




namatyuu - コピー - コピー.jpg








さらに拡大。





namatyuu - コピー - コピー - コピー.jpg










動物の身体でレントゲンで最も白く写るのは骨です。

カルシウム成分が白く写るのです。

ところが写真ではもっともっと白いのが写り込んでいますね。

これは金属です。

放鳥時に摂取してしまったのです。

金属中毒と言いますが

飼われている鳥では頻繁に起こります。

これはかなり厄介です。






明日以降もうちょっと続きます!






posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

ものすごい構造 (10/11 フクロモモンガ)

BUNNY GRASSです。










最近また増えてきたフクロモモンガ。









P1010844.JPG





やっぱりかわいいですね〜













このフクロモモンガ、いろいろな特徴を持っているのですが

すごいなと思うのがコレ。


男の子の場合です。













P1070371.JPG






生殖器の部分ですよ。






なんと!







P1070371 - コピー.JPG





二股に分かれているのです!








今では飼育書にも載っているような

身体の特徴でありますが、

なかなか衝撃的な構造です。




ココを齧ってしまう(自咬症といいます)

コがいるのでなかなかやっかい・・・














posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする