2018年12月08日

巨大な盲腸 (12/8 ウサギ)

BUNNY GRASSです。









どうして止まらないのか

ウサギの食欲不振による緊急来院。

この一週間で50頭ほど診ている状態です。

もともと頻繁に遭遇する症状の一つであるとは言え

ここまで集中したシーズンは初めてです。






治療が遅れるとまずいので何度でも取り上げます。





ここのところ重症度が高くなるのが

盲腸鼓張という状態です。

停滞した胃腸の内部にガスが発生してしまうのです。






P1130897.JPG





P1130898.JPG






黒い部分がガスですね。

クロワッサンみたいな形状になっているのは

盲腸に大量にガスが貯留しているからです。






ここですね。


P1130897 - コピー.JPG










横でみるとよりクロワッサン。




P1130898 - コピー.JPG









この状態に必須なのが



・補液

・薬剤

・給餌




これらが大きな柱です。





補液もいろいろな方式がありますし

薬剤もどの組み合わせにするかは

動物病院によって方針が異なることがあります。






まず病態(進行具合)を把握してもらってから

治療方針を相談してもらえるといいと思います。














posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(1) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

ちょっと一息 (12/7 鳥?)

BUNNY GRASSです。







一息つけぬほど急患が続いています。

気温の変化以外に患者さんの共通項が見つかりません。

動物種、年齢、品種、雌雄、持病の有無・・・・

関係なく食欲不振が起きまくっています。






夜間看護から離れられない状態が続いていますので

ここだけでもゆるーく。







P1130374.JPG









ちぢむ!








っていうタイトルの話がブラックジャックにありましたっけ。

組織委縮症という奇病で

ヒトもライオンも小さくなって死んでいくという・・・







医者は何のためにあるんだ!







っていうセリフがラストシーン。

読んだのはいつだったか。







夜間看護が続くと

こういう内容がな出てくるのがこのブログの特徴です。

病気情報を収集しに来ている方はごめんなさい。




現実では日々病気と闘っております。









posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(1) | Books、Toys、Goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

消化器疾患いろいろのC (12/6 鳥)

BUNNY GRASSです。








消化器疾患は哺乳類だけではありません。


当然に鳥類も起こります。

特に小鳥では頻繁にみられる疾患ですが

大変なのは診断が難しいところ。







鳥では便の性状が非常に重要です。






P1120456.JPG






鳥は胆汁という成分が常時出ていますので

緑色になるというのは

色々と意味を持つのです。



診察中に排泄してくれればいいのですが

緊張状態で出ないコもいます。






今はケータイ(スマホ)をお持ちの方も多いので

色の確認には撮影しておくのもいいんじゃないでしょうか。






P1120457.JPG








posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする