2019年12月06日

ウサギの腫瘍 (12/6 ウサギ)

BUNNY GRASSです。









腫瘍はヒトだって犬だって猫だって

鳥も爬虫類もキンギョにだってできてしまいます。

もちろんウサギにも。





腫瘍はざっくりと良性腫瘍と悪性腫瘍に分かれますが

あくまでそれは細胞の特徴でしかありません。

悪性でもウサギの身体にはさほど悪影響がないものもあるし、

良性であってもぐんぐん大きくなれば

命に関わることもあります。

胸腺腫や脳腫瘍が代表的ですね。




塊として腫瘍が見つかった場合、

腫瘍の中身を調べるために
(治療方針を決めるため)

細胞診という検査を行うことが獣医療のスタンダードですが

ウサギの場合はそれをすっ飛ばして

手術を行って摘出ということもあります。

検査自体の負担が大きかったり、
(犬猫ではそんなことはほとんどない)

検査結果が不透明になってしまい、

治療方針が立てられなかったりするからです。

なので決して乱暴な方法というわけではありません。







P1240250.JPG




皮膚の腫瘍の場合、油断ならないのは表面が壊れて

出血してしまうケース。

じわじわ血が出てくる場合でも

小さな身体のウサギには相当な負担になります。

この場合は早急な対処が必要です。















posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

ようよう (12/5 鳥)

BUNNY GRASSです。








ひさびさに来た!







P1240467.JPG





ヨウムベビー。





ようむのようちょう。






サイテス格上げ以来、見なくなっていましたが

だいぶがっしりしたコが健診に来てくれました。

しっかりPBFD検査をしていきました。




ヨウムにとっては非常に重篤になる疾患ですから

必ず(と言ってしまいます)検査をしておくのがいいでしょう。







posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

釣れるものなのか (12/4 熱帯魚)

BUNNY GRASSです。






寒い時期なのでたまには外の話も。




いつだったかの石垣島。












堤防からまさかのが釣れた。







20191126_175509.jpg








20191126_175526.jpg








角田氏。ツノダシ。ギルですね。









よく「ツノダシ釣れました〜」

なんてWEB上で見かけますが

たいがいは「ハタタテダイ」という別種の魚と誤認しています。

このトンガリ口は間違いなくツノダシ。





持ち帰って飼おうと思いましたが

持ち帰りグッズがなかったため
(ちゃんと持ち帰るにはそれ相応の道具が必要)

海へお帰り頂きました。















posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | おさかな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする