2019年08月09日

ウサギの涙 (8/9 ウサギ)

BUNNY GRASSです。








ウサギの「涙が出る」という症状は

毎日必ず診察する機会があります。






眼の病気がほとんどと思われがちですが

じつは歯の病気が関わっていることも

全く珍しくありません。





特に多いのが鼻涙管と呼ばれる部位の異常です。

その中でもホーランドロップ、ネザーランドドワーフなどの

短頭種と呼ばれる品種に多発します。






P1220492.JPG











P1220516.JPG









P1220493.JPG








その鼻涙管というくだを洗浄すると

このような汚れが排出されます。





ウサギ医療ではわりとポピュラーな治療ですが

これだけですべて治るわけではありません。

色々な治療を組み合わせないと難しいことも多いのです。








posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

急性胃拡張の一つの病態 (8/8 ウサギ)

BUNNY GRASSです。









ウサギの急性胃拡張は

致死率の高い非常に恐ろしい疾患の一つです。







まず予防法がありません。

色々なことが要因となって発生することが知られていますが

完璧な予防法はありません。

未然に防げるならそうしたいのですが、無いのです。







20190729_191454.jpg







20190729_191454 - コピー.jpg










ご飯を食べないというのも症状の一つですが

見えない、一般にあまり知られていないという症状が

低血圧です。







赤マルで囲った円の辺縁には大動脈、大静脈という

ウサギの身体の幹をなす血管が走行しています。





この部分を大きく膨れ上がった胃が圧迫してしまうのです。





水がジャージャー出ているホースを踏んでしまったらどうなるでしょう?




水流が止まりますよね。

この状態です。血液が循環しなくなるのです。





血液が供給されない各臓器はどんどん壊れていきます。

なかには生命維持の核をなすものもあるので

ただちに命に関わります。






このような状態だとご飯を食べさせたり、

薬を飲ませたりすることは

かえって危険なこともありますので要注意です。

特に意識がもうろうとしている場合(珍しくありません)、

誤嚥する可能性が高いです。












posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

うごかないナマズたち (8/7 熱帯魚)

BUNNY GRASSです。










待合の水槽から。










其の壱



P1220434.JPG












其の弐




P1220435.JPG







撮影構図は同じ。









南米のナマズの仲間です。

よーく見るとヒゲ生えています。






どちらも日中はほぼ動きません。






でもじつは夜中は活発に泳ぎ回っているのです。













posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | おさかな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする